面接練習の方法


面接練習の方法
●失敗しないように、事前の模擬練習を重ねる事が大切です。
●面接で「失敗したあぁぁぁぁぁ」と思って後悔してしまう例です。
1、伝えたい事が言えなかった。
2、緊張で声が震えた。
3、質問に答えられず、押し黙ってしまった。
4、早口になってしまい、狼狽してしまった。
5、前の回答が上手く答えられず、悪い流れを引きずってしまった。
-----------------------------------
☆そこで【面接の注意点!!!】です。
●姿勢(猫背にならないように注意)
●視線(真剣な眼差し)
●表情(笑顔は大切)
●言葉遣い(タメ口は厳禁)
●アクション(身振り手振り)
熱意が伝わるように、言葉にメリハリ(強弱)をつけましょう。

そして、「ご自身のアピールが1分~2分程度表現出来るように、しっかりと練習してマスターしておく事」です。
面接の最後に「何かありますか?」と問われた時に、最後の念押しとして、自己PRを行ない「想いを伝える」のです。

※面接はご自身を「売り込む場」なのですから・・・。
-----------------------------------


スポンサードリンク


何度も練習をしてイメージトレーニングができると
それが自信につながり良い面接ができるようです。

良い面接ができるかできないかは
緊張の度合いが大きくかかわってるようです。

無理に緊張しないように抑え込むのではなく
緊張した時にどうしたらリラックスできるかどうかなどの対処法を
普段から身に付けておくとよいかもしれません。